ゲリラ豪雨

その雨粒を上昇気流では支えられなくなってしまうと、突然大きな雨粒が落ちてきてザーザー振りのが降り出します。 急に降ってくるので、「ゲリラ豪雨と呼ばれてしまう訳ですね。 なお、ゲリラ豪雨は正式な気象庁の用語ではなく、予報では「急な大雨」「局地的大雨」という言葉を使います。

・ゲリラ豪雨とはどういう意味ですか?
  ・狭い地域で比較的短時間に大量の雨が降 る現象で,どこでおこる
かわからないこと から「ゲリラ豪雨」と言われる。
・「ゲリラ」と は,「敵の後方や敵中を奇襲して混乱させる 小部
隊。
 遊撃隊」(『大辞林』第3版・三省堂) のことをいうスペ
イン語語源の外来語であ る

・スペイン語では,「小さな戦争」という 意味がある。

ブログ
舗装材選びもSDGsに繋がる?‐透水性舗装材「ドライテック」