CB

CB(コンクリートブロック造)とは、コンクリートブロックを積み上げてつくられた建物の構造のことで、補強CBとも呼ばれます。 コンクリートブロックの内部には空洞があり、そこに鉄筋を通した後、さらにモルタルなどを使って補強することで強度を確保します。

コンクリートブロックのサイズはJIS(日本工業規格)にて定められています。

 ・19センチ×39センチ×10センチ

 ・12センチ×15センチ×19センチ

 の4種類があり、外構業では12センチの物が比較的多く使用されます。

ブログ
外構図面によく出てくる用語「CB」と「サイズ表記」