お庭について

屋敷内(敷地内)で、ある広さをもって空けてある地面。草木を植えたり、泉水や築山を設けたりする。リラックスできる場所。安心できる場所。

1.居場所

リラックス出来る庭にするには、庭の中で時間を過ごすことが出来る必要があります。もし「過ごすようなスペースは確保できない」という場合は、室内にいても庭があるからこそ生まれる心地よさを作る工夫が必要ですね。そんな方は、この項目はスキップして次へ進んでください。

2.目隠し

居場所が出来たら、次はその場所で心地よく過ごすことが出来るかを検証します。居場所があっても、お隣さんや道路を行き交う人から丸見えでは、リラックスとは程遠くなります。目隠しの手段として多く使われるのはフェンスです。

3.自然

最後は心地よさを求めて、自然を感じる環境に整えていきます。庭でリラックスすることと、部屋でリラックスすることの大きな違いは、屋外なのか室内なのかということ。屋外だからこそ作ることが出来る環境といえば、やはり自然ではないでしょうか。

ブログ
生活パターンの変化に合わせてお庭もつかいやすく