お水のやり方

水やりの基本は、植物を植え付けた土の表面が乾いたタイミングでたっぷりと水をやります。鉢やプランターで栽培している場合は、鉢底から水が流れ出るくらいが目安です。

気温の高い日は、水道菅はホース内で水温度が上がっています。

そのまま水やりをしますと、大切は植木が枯れてしまいます。

蛇口やホースの先から出てくる水を手で触り、熱さが感じなくなってから、植木に水やりをして下さい。

気温が高い日の水やりにはご注意下さい。

 

ブログ
枯らさない水やり